札幌市議会議員 山口かずさ

札幌市議会議員 山口かずさホームページ

1976年 5月27日生まれ

      札幌市立上白石小学校、札幌市立幌東中学校、啓北商業高等学校を卒業

1995年 民間企業へ就職し、5年余り勤める

2000年 オーストラリアに語学留学 帰国し、派遣社員として働く

2004年 仕事を続けながら、小樽商科大学の夜間主コースに入学

2006年 国会議員の事務所での議員インターンシップを機に政治の道を志す

2007年 札幌市議会議員 初当選 現役女子大生議員になり、翌年卒業

2010年 長女を出産

2011年 札幌市議会議員選挙で二回目の当選

現在   財政市民委員長 経済雇用対策•新幹線等調査特別委員

 

 

主な取り組みと課題

 

若者の就労支援

心身障がい者共済年金制度の見直し

妊婦検診の公費負担を拡充

白石区役所移転建替え

独自のゴミカレンダーの作成

保育園の待機児童対策

子育て支援市営住宅整備

ひとり親世帯への支援

保育ニーズコーディネーターの配置

特別な支援が必要な子どもへの制度拡充

母となりあっという間の4年。
忙しい毎日の中でも、心を忘れてはいけないと自分に言い聞かせる。
ひとり親だからって寂しい思いをさせたくないと、考えることもある。
子育ての喜びや楽しさと共に、育児と仕事の大変さを身を持って感じています。
だけど、寝顔にチカラをもらい、明日からもまた頑張れる。
議員として今の私だから出来ること、私にしか出来ないこと。
少子化が問題となっている今、
子どもを安心して産み、育てることのできる社会への変革は急務です。
子どもたちが元気に育ち、次世代を担う若者が夢を持って働ける、
そしてお年寄りや障がいのある方もいきいきと暮らせる豊かな街へ
白石区から変えていきます。

 

未来の発展を信じることは、いろいろなものを先送りにすることではなかったはず。 子どもたちに残すべきなのは、重く苦しい荷物ではなく、たくさんの可能性を導く明るい灯でなくてはなりません。

多くの価値観がともに集う社会生活において、子どもたちのために、未来のために、今決めなくてはいけないことから目を背けず、一緒に考えていきませんか!

 

少しガマンする・・・ 少し声をかける・・・ 少し手を差し伸べる・・・  みんなの少しが集まればとても大きな優しさがあふれてくると思いませんか?その優しさをもっともっと未来に伝えて、大きく育てていきたいのです。

山口かずさはその優しさを活かすことができればと、様々な提案を行っていきます!

 

保育園の待機児童の解消と放課後の居場所づくりに力を注ぎます。

ひとりで頑張っているパパ、ママの育児の負担を軽減します。

病児・病後児保育の拡充をはかります。

子ども医療費の無料化を拡大します。

 

若い人たちが希望を持って働けるよう応援します。

若者がこの街を想う、その想いや意思を市政に届けます。

発想力豊かな学生や大学と連携し、魅力ある札幌の産業を展開します。

 

子どもからお年寄りまで、人に優しい除雪をすすめます。

ごみの分別やマナーの改善に向けた方策をより一層すすめます。

障がいのあるなしに関わらず共に笑顔でいきいきと働ける場所づくりを支援します。

お年寄りや障がいがある方の社会参加促進に向けて公的施設のバリアフリー化を進めます。


 

 

 

山口かずさ市政だより「かずさ通信」は市政のポイント、議会活動の進捗状況、ビジョンなどをどなたにもわかりやすくまとめたニュースレターです。

 

 

 

議会報告について

 

札幌市議会ホームページにおいて、札幌市議会で開催された各会議の動画映像を配信しています。

 

本欄では議会における山口かずさが行った代表質問・意見表明等の動画映像へのリンクをご利用いただけます。

 

 

 

札幌市議会インターネット議会中継 民主党・市民連合 山口かずさ 動画一覧

            札幌市議会ホームページへのリンクとなります。